So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

世界最大のサンゴ礁沖を初掘削=過去2万年の気候変動解明へ−化石採取・豪州沖(時事通信)

 世界最大のサンゴ礁、オーストラリアのグレートバリアリーフの沖合を初めて掘削し、過去2万年間の気候変動の解明を目指す調査が、2月上旬から始まる。日米欧などの「統合国際深海掘削計画(IODP)」の一環で、横山祐典東京大海洋研究所准教授ら約30人の国際研究チームが掘削船に乗り、水深40〜200メートルから既に死んだサンゴの化石を採取する。
 グレートバリアリーフは世界遺産であり、豪州当局から掘削調査の許可を得るのに長年かかった。研究チームの共同首席研究者を務める横山准教授は「最初で最後の掘削かもしれない。将来の気候変動を予測する上で、熱帯域の過去の水温変化などのデータは非常に重要だ」と話している。
 深層掘削調査は、これまで南極大陸やグリーンランドなど極域の氷床が多く、熱帯域のサンゴ礁ではカリブ海のバルバドス島沖や南太平洋のタヒチ島沖でしか行われたことがない。ドリルで掘削して円柱状の試料(直径約8センチ)を採取し、サンゴやプランクトンの化石などを化学分析すると、当時の海面水位や水温、塩分などを推定できる。地球の気候は氷期と間氷期を繰り返しており、2万年前は前回の氷期のピーク、1万年前は終わりに当たる。当時の平均水温や比較的近い南極氷床がどのように解けて海面が変動したかを、コンピューターの気候モデルと組み合わせて検討すると、現在の状況を判断し、将来を予測するのに役立つ。太平洋の東西で水温がシーソーのように変動するエルニーニョ・ラニーニャ現象の過去の傾向や、二酸化炭素(CO2)排出量増加に伴う海の酸性化、グレートバリアリーフの形成過程の解明も、今回の調査目的だ。研究チームの船は2月4日ごろに豪タウンズビルを出港し、3月下旬まで掘削航海を行う予定。掘削や試料分析には東大のほか、産業技術総合研究所、名古屋大、岡山大、琉球大の研究者が参加する。 

【関連ニュース】
【動画】恐竜2009〜砂漠の奇跡〜
特集・恐竜図鑑〜トサカのついたティラノサウルス〜
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気

新幹線事故 切れた吊架線、85年以降交換せず 老朽化か(毎日新聞)
山崎前副総裁 引退へ 参院選で自民公認難しく(毎日新聞)
替え玉殺人判決 尹被告「全部うそでしょ」 遺族「真実を」願いかなわず(産経新聞)
横審委員に意欲? =「営利主義」相撲協会に苦言−石原都知事(時事通信)
【中医協】有床診の後方病床機能を評価(医療介護CBニュース)

創価学会の池田名誉会長が平和提言(産経新聞)

 創価学会の池田大作名誉会長は25日、「新たなる価値創造の時代へ」と題する平和提言を発表した。創価学会インタナショナル(SGI)結成記念日に合わせた毎年恒例の提言。今年は、原爆投下から70年にあたる5年後に、広島と長崎で「核廃絶サミット」を開催することなどを呼びかけた。

 提言では核時代に終止符を打つ取り組みとして「核兵器の不使用」に関する条約の整備や、核使用を戦争犯罪とするための国際刑事裁判所規定の改定などを提起。日本には非核三原則と武器輸出三原則を堅持し、核廃絶や世界の脱軍事化へのリーダーシップを発揮することなどを求めた。

【関連記事】
「与党時代」への反省促す 創価学会が公明党に
ターゲットは公明党・創価学会 民主が宗教と民主主義研究会
参院比例「個人名ではなく党名で」 公明党が新方針
池田大作氏長男が創価学会・関西のトップに
公明、描けぬ戦略 自民との距離どうする 独自路線も…

大阪・堺で2人組タクシー強盗(産経新聞)
殺人容疑で女を逮捕へ=来月初旬にも、41歳男性死亡−連続不審死・埼玉県警(時事通信)
アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
<南部陽一郎さん>記念サイエンス賞、初の受賞者決まる(毎日新聞)
<出版>09年販売額2兆円割る 21年ぶり(毎日新聞)

<国交省>「脱ダム」治水のアイデアを募集(毎日新聞)

 できるだけダムに頼らない治水対策を検討している国土交通省は20日、治水案を個人や企業・団体など一般から募集すると発表した。政策のたたき台を示した上で賛否を尋ねるパブリックコメントは行われているが、たたき台作りのアイデア募集は異例。政権交代による政策転換で、政策のプロ集団を自任する中央省庁が一般から政策作りの「お知恵拝借」に乗り出した形だ。

 国交省によると、募集するのは「幅広い治水対策案」と「新たな評価軸」の具体案。河川整備から被害軽減策まで、どんな治水手段が可能かを求める。同時に、維持管理を含むコスト面や、どの程度の安全度が得られるかなど、治水手段を選択するための考え方や条件も募集する。

 寄せられた提案は、国交省の「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」の議論の参考にするという。募集期間は2月19日まで。募集要項は国交省のホームページで閲覧できる。

【関連ニュース】
ダム:143事業を「継続」「検証」に分類 国交省
10年度予算:整備新幹線3区間で計上へ 国交省
高速道無料化:社会実験費用を大幅削減へ 国交省合意
全日空:日航への公的資金に懸念 伊東社長が国交省に表明
直轄事業負担金:13年度までに全廃 国交省工程表

7億円詐取容疑で近ツー元社員を逮捕 大阪地検(産経新聞)
<時効見直し>「廃止」賛成が5割超す 法務省が意見公募(毎日新聞)
首相動静(1月19日)(時事通信)
35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生(J-CASTニュース)
首相動静(1月20日)(時事通信)

覚せい剤で起訴の男性無罪=「第3者関与か」所持否定−名古屋地裁(時事通信)

 乗用車内に覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた北九州市の男性(36)の判決公判が26日、名古屋地裁であった。村瀬賢裕裁判官は「警察官を含む第3者が覚せい剤を車内に入れた可能性も否定できない」として、無罪(求刑懲役3年6月)を言い渡した。
 男性は2008年9月14日に名古屋市南区の路上に止めた車内で、覚せい剤0.028グラムを所持していたとして、逮捕、起訴された。男性は公判で覚せい剤使用を認めたが、「すべて使ったので車内に残っているはずがない」と述べ、起訴内容を否認していた。
 弁護人によると、男性は同日、愛知県警南署員の職務質問を受け逃走したが、その後逮捕された。覚せい剤は逃走直後には発見されず、10日後に車内から見つかったという。弁護人は「覚せい剤所持の証拠をねつ造したことも考えられる」と話している。
 小木曽義行・愛知県警南署副署長の話 判決文を見ていないのでコメントできない。
 玉岡尚志・名古屋地検次席検事の話 予想外の判決。内容を詳細に検討し、適切に対応する。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
リーダー格か、中国籍の男逮捕=女性遺体事件で3人目
「女から覚せい剤もらった」=交際継続動機か、証拠品着服も

【ゆうゆうLife】メンテナンス・リハビリ 入院集中リハで歩行可能(産経新聞)
線路に自転車、列車衝突=JR日豊線−大分(時事通信)
自民中堅が政策グループ「のぞみ」 山本有二氏ら5人(産経新聞)
<雑記帳>飼い犬に「犬の住民票」を発行 東京・板橋(毎日新聞)
「党内一枚岩だから」小沢氏問題批判なし…首相(読売新聞)

流氷の見ごろ 3月下旬まで 気象情報会社が予想(産経新聞)

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)は冬の風物詩、流氷の見ごろ予想を発表した。今月から北海道の網走や知床半島のウトロで見ごろとなり、2月中〜下旬には根室でも。ウトロでは3月下旬まで見られそうだ。

 北極海などの氷の動きを予測する技術や気象観測を基に解析。沿岸から数キロ以内に見える状況を見ごろとしている。流氷の見ごろ予想は日本で初めてという。

 同社によると、流氷は北海道枝幸町から北見市にかけての沿岸から20〜30キロ沖合を漂っている。23日以降、拡大しながら南東へ流れ、今月中にウトロに達する見込み。

 その後、流氷の範囲はオホーツク海沿岸で北西方向に広がる一方、2月中ごろには知床半島を回り込んで根室方面に流れると予想している。太平洋側の釧路まで流れ込むことはないという。

 今冬はオホーツク海上空の気温が例年よりも低く、今後も低いとみており、流氷は例年よりも長く見られる見通し。

「ご迷惑お掛けした」=石川議員がコメント(時事通信)
民家全焼、姉妹が焼死 石油ストーブ原因か 千葉・市原(産経新聞)
岡山選挙区から出馬を拒否=自民・片山氏、県連要請に(時事通信)
<飲食店主殺害>59歳被告の男再逮捕 東京・南青山の事件(毎日新聞)
英語リスニング198人再テスト…センター試験(読売新聞)

<足利事件再審>菅家さんテープ 否認後再び「自白」、号泣(毎日新聞)

 栃木県足利市で90年、4歳の女児が殺害された「足利事件」で無期懲役の判決を受け、昨年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審第5回公判が22日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれ、菅家さんが足利事件を否認した翌日、検事の取り調べに再び自白する様子を録音したテープが再生された。

 1審公判中の92年12月8日の録音で、約5分間の雑談の後、当時は宇都宮地検検事だった森川大司(だいじ)氏は「君から変なことを聞いたんで来た」と切り出した。「DNA鑑定で君と一致する精液があるんだよ」「唾液(だえき)も付いてるんだよね。いろんな意味で一致している。君が認めたっていうことだけじゃなくて、他に証拠があるから起訴したんだよ」。科学鑑定を持ち出し、これまでの取り調べとは違って、やや強い口調で菅家さんに畳み掛けた。

 菅家さんが「全然覚えがない」と反論すると、森川氏は逮捕直後の現場検証を振り返り、「死体に草をかぶせたという君の説明は、実際と同じ状態なんだよ。誰にも教えてもらわなくて、なんで説明できたんだろう」と詰め寄った。菅家さんの答えを最後まで聞かず、性急に質問を浴びせる場面もあった。取り調べ開始から約25分後、菅家さんは絞り出すように「勘弁してくださいよお」と再び自白して号泣。法廷でテープを聞いていた菅家さんが思わず机をけった。森川氏は「うそ言うと、どこか嫌でしょう」と諭すように話し掛け、「真実ちゃんの事件(足利事件)は、うん、それでいいわ」と質問を終えた。

 テープは21日に、初公判が始まる直前の92年1月28日分と2月7日分、菅家さんが検事に初めて否認した12月7日分の計3本が再生された。22日午後は森川氏の証人尋問がある。【吉村周平、安高晋】

【関連ニュース】
足利事件:92年2月7日の地検聴取テープ(2)
足利事件:91年12月20日の県警聴取テープ
足利事件:92年12月8日の地検聴取テープ(4)止
足利事件:92年12月7日の地検聴取テープ(3)
足利事件:92年1月28日の地検聴取テープ(1)

<脱税>秋山被告に懲役3年求刑 防衛コンサルタント事件(毎日新聞)
トレーラー、商店に突っ込む…2年前も近くで(読売新聞)
<原爆症認定>長妻厚労相、法改正で緩和へ(毎日新聞)
大藪春彦賞に樋口、道尾の2氏(時事通信)
産科補償制度、初年の補償対象者は12人―診断医に迷いも(医療介護CBニュース)

子ども手当支給で内閣支持回復…民主・山岡氏(読売新聞)

 民主党の山岡賢次国会対策委員長は18日午前、国会内での新人衆院議員らを集めた国対全体会議で、「(内閣)支持率は下がっているが、予想よりも高い。地元では非難を浴びると思うが、子ども手当法案が通って生活に影響してくるとなれば、また大きく変わってくる」と述べた。

 同党の石川知裕衆院議員の逮捕など小沢幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る一連の問題で、現在は民主党への風当たりが強くても、子ども手当を支給すれば支持が回復するとの見通しを示したものだ。

 山岡氏としては、若手の動揺を抑える狙いがあったと見られるが、同会議の出席者からは「バラマキをすれば支持が戻るというのは、国民を愚弄(ぐろう)した話だ」と指摘する声も出ている。

阪神大震災モニュメント回り追悼サイクリング 神戸(産経新聞)
中堅ゼネコン、小沢氏側に“資金提供” パー券購入も出席ゼロ(産経新聞)
<人工歯根>使い回し疑いの歯科医院長、自殺図る 愛知(毎日新聞)
弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑−愛知県警(時事通信)
河村前官房長官への告発状を提出 東京地検に 大阪の弁護士 機密費引き出し(産経新聞)

桑田元投手の父宅が全焼=男性遺体発見−浜松(時事通信)

 17日午前4時20分ごろ、浜松市中区上島の店舗兼住宅から出火、木造2階建ての建物が全焼した。2階住居部分から男性の遺体が見つかった。プロ野球巨人や米大リーグパイレーツの元投手桑田真澄さん(41)の父泰次さんが住んでいたとみられ、静岡県警浜松中央署が身元確認を急いでいる。
 出火当時2階にいた同区内の女性(36)も煙を吸って病院に搬送されたが、命に別条はないという。
 泰次さんは同区内の少年野球チームを指導していた。チーム関係者は「子どもが野球を続けていける環境をつくらないといけないと話していた。野球について、しっかりした考えを持った方だった」と話している。 

【関連ニュース】
【特集】昭和 野球のアルバム〜V9と、その時代〜
【特集】波乱万丈 野村克也
【特集】現役続行 工藤公康
【特集】プロ野球 笑える?事件簿
【特集】松井秀喜〜甲子園からワールドチャンピオンへ〜

<ハイチ大地震>インド洋津波、阪神大震災の遺児が街頭募金(毎日新聞)
総務相「関係者」発言、民放連会長が疑問視(読売新聞)
<花粉>2月上旬〜中旬ごろから飛散 量は少なめ…気象協会(毎日新聞)
【中医協】「5分要件」廃止後、“お薬外来”を不算定に―安達委員が提案(医療介護CBニュース)
小沢氏聴取、今週末か 妻にも打診(産経新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。